婦人と女生徒

志望校が美大なら|新宿美術学院に通って合格率を上げよう

科目別の勉強方法

苦手科目を持つ小中学生が、1科目から必要な内容を効率的に学べるのが、伊丹市にある個別指導教室の特徴です。教科書レベルの英語を学べることも魅力ですが、受験レベルの内容も丁寧に解説してもらえる点が、個別指導教室のセールスポイントです。

志望校に合わせた授業

女の人

面接指導に力を入れている

新宿美術学院は、美大や芸大への合格率が高く、志望校に合わせた授業を行うことで注目されています。油絵、彫刻、日本画、映像など、様々な学科があり、それぞれの科にはスキルの高い担任講師がつき、受験対策を講じてくれます。また、担任講師のほかに、若手講師も講義に参加しているため、何でも気さくに相談でき、より美術の造形が深くなると高い評価を得ています。新宿美術学院で最も注目されている授業は、定期的に行われる実技模試と学科模試です。模擬の結果は、様々な美大のデータを元に、実際の受験の合否を推定する上での確率の高いバロメーターとして有益です。一般入試向け、推薦入試向け、AO入試向けのカリキュラムがあり、学科や実技試験だけでなく、面接やポートフォリオ、志望動機の書き方などまで、細かく指導してくれる授業内容となっています。新宿美術学院で最も合格率が高く、注目されているのは油絵科の授業で、一人一人の創造性や表現力を大切にしながら、油絵の総合的な力をつける内容となっています。面接指導にも力を入れており、制作した作品を使ったり、独自の資料を用いたり、複数での面接をするなど、バラエティに富んだシチュエーションでの面接指導が行われます。1年間を通して、学期ごとに異なるアプローチの授業が行われ、志望校に合格するよう導いてくれるカリキュラムです。新宿美術学院は、美大や芸大に合格するために、必要なノウハウを与えてくれる学校です。

奨学金を利用しよう

私立大学の学費は国公立大学と比べて高額です。そのため、多くの大学生は奨学金を利用しています。在学中の学費は奨学金で支払うことができますが、卒業後その全額を返済する必要があります。メリットとリスクの両方を考えて奨学金を利用しましょう。

予行演習をしておこう

面接は慣れることが大切です。雰囲気に慣れてしまえば、自然にふるまえるようになるからです。また、予想される質問の回答は用意しておきましょう。そのためにも、家庭や塾、学校などで予行演習をしておくと安心です。